アメリカ定番ゼリー JELL-Oの作り方

アメリカ定番ゼリー JELL-Oの作り方

みなさんJell-Oってご存知ですか?
スーパーの一角でドーンとコーナーを構える”ゼリーの素”です。
今回は「Jell-Oについてと、作り方について」紹介します。

Jell-Oとは?

Kraft Foods 社が販売する、ゼラチンデザート、プリン、クリームのブランドです。
1897年ニューヨーク州ルロイで、ゼラチンと砂糖を粒状にしたものに、イチゴ、ラズベリー、オレンジ、レモンの香料を加えたJell-Oが販売されたのが始まりです。100年以上も続くロングセラーの商品なんですね。

ニューヨーク州ではありますが、カナダとの国境近くがルロイという町です。
オンタリオ湖の南側です。
ここにはJell-Oのミュージアムもありますよ(こちら)。

ぜリーの場合、箱の中にはパウダーが入っており、お湯に溶かして冷まし固めたりして作ります。

Jell-Oは今や、パウダーだけではなく、冷蔵コーナーなどでゼリー、子供と一緒に作れるJell-o playなどバリエーションに富んでいます。
またパウダーのJell-Oでも110種類もあるんです。
味もたくさんあるし、もちろんカラフル。
そのためスーパーのJell-O売り場は結構大きいですよ。

Jell-Oの作り方(3ounceパッケージ)

今回はいろいろな種類がある中で、比較的”味”で失敗がなさそうなオレンジを選びました。
それにしても、あー、どぎついカラーだ。

さて、ボウルにJell-Oパウダーを入れ、1カップの熱湯を加えます。
しっかり溶けるまで約2分かき混ぜます。
そこへ1カップの冷たい水を加え、軽く混ぜます。

冷蔵庫で4時間ほど冷やしたら完成です。

edf

プルプル感は最高の出来栄えです。
フルフルぷるぷるします。
味は、そうですねー、ファンタオレンジのオレンジ味ってところでしょうか。
甘いけれど、想像していたよりも全然低い甘さで、びっくり。


私はこれを小さくカットして小さなタッパーに入れ、息子のお弁当のデザートとして持たせています。
アメリカのお弁当って、スナックが入っていたり、チョコレートとかかけながら食べちゃうようなヨーグルトを食べていたりするようで、息子もうらやましがるんですよ。
そこで、これなら量も調整できるから、、、と、たまーに作っています。
ちなみに、結構崩れやすいので、お弁当の隅に入れるのはやめてあげてください。

たくさん味があるので、いろいろ試してみたいけれど、、、、やっぱりまだ色とかドキドキするので、当分は同じ味で行くことにします。

ちなみにレシピサイトのcookpadでJelloと検索したら、47件もヒットしました。
面白そうなケーキもあって、作ってみたいなーと思っています。