アメリカで買う おすすめの電気ケトル:設定温度機能、おしゃれデザイン、小サイズなど

スポンサーリンク

日本では電気ケトルを使用している人はなんと約20%ほどと言われており、さらに購入したいなーと思っている人はさらに30%以上いるそうです(マイボイスコム2020年調べ)。

電気ケトルって単にお湯をわかるだけでしょ?と思いがちですが、温度設定が可能なものを使えば、緑茶やコーヒーを淹れる時に最適な温度のお湯が簡単に入れることができます。子供用の暖かい飲み物はぬるめで、緑茶は熱めで、、、など調整できるのはうれしいですよね。

そこで今回は「アメリカで買う おすすめの電気ケトル」について紹介します。
温度設定機能付き、デザインがおしゃれなもの、小サイズのものなどいろいろ用意しました。

Bodum Bistro Electric Water Kettle

Bodum Bistro Electric Water Kettle, 17 Ounce, .5 Liter

容量 0.5リットル
素材 プラスティック
大きさ 6.87 x 4 x 7.75 inches

コーヒー1杯といった少量のお湯を沸かすのにおすすめの商品です。本体サイズも小さ目なので、旅行先で使ったり、寮や小さなスペースで使用するのに最適です。さらに発熱部が露出していないので、どんな場所にもケトルを置くことができます。
シースルーの水位窓があるので、適量の水を加えることが簡単にできます。

オンオフは簡単なプッシュボタンで、お湯が沸騰すると自動的に電源が切れるので、安全です。
また注ぎ口にメッシュがついており、水の中の沈殿物をキャッチすることができます。

Breville 1.8-Liter Electric Kettle

Breville BKE820XL IQ Kettle

容量 1.8リットル
素材 ステンレス
大きさ 7.5 x 9.5 x 11inches

緑茶、紅茶、フレンチプレスコーヒー用といった抽出温度を5段階で設定できる便利なケトルです。
360度回転するステンレス製のベースで、コントロールパネルはプッシュボタン式です。
保温ボタンが付いており、20分間選択した温度に保つことが可能です。

この商品は、購入者の使い勝手の良さが人気になっており、さらにお水が温まるのがとても早いです。さらにお湯の準備ができるとビープーオンで知らせてくれます。
自動シャットオフ機能、側面の水位表示、取り外し可能なメッシュフィルター付きです。

Cosori 1.7 Liter Glass Electric Kettle

COSORI Electric Speed-Boil Kettle

容量 1.7リットル
素材 ステンレス、 耐熱ガラス
大きさ 7.9 x 6.1 x 9.5 inches

シンプルでスタイリッシュなこの商品は、カリフォルニアでデザインされました。
傷がつきにくい最高級の耐熱ガラスを使用しており、水の接触面はすべて食品用素材で構成されています。

水が沸騰した後、30秒以内でオートシャットオフし、水が入っていないことを検知すると電源が切れる「ボイルドライ」機能も搭載しています。
青色のLEDインジケータは沸騰中だと点灯し、遠くからでも一目で確認できるので、購入者にとても好評な機能です。お湯が沸くのは早いと好評です。

広口タイプで手入れも簡単です。
しかし温度設定はなく、沸騰した時の音が少し大きいそうです。

Cuisinart PerfecTemp CPK-17

Cuisinart CPK-17 PerfecTemp 1.7-Liter

容量 1.7リットル
素材 ステンレス
大きさ 8.8 x 6.1 x 9.75 inches

このポットは見た目以上に様々な機能がしっかりと用意されており、優れた商品と言えます。
1.7リットルもの容量があり、6つのプリセット熱設定を備えているステンレス製のケトルです。
お湯が沸いたことを青色のLEDで示し、30分感の保温機能がついています。
ベースは360度回転します。
ケトルはベースから取り外した場合、2分以内にベースに戻すと保温を続けることができ、2分後には電源が自動的に切れるようになっています。

スケールフィルターは取り外して洗え、空焚き防止機能もついています。
また、3年間の保証は、同価格帯の電気ケトルに比べてかなり充実しています。

Fellow Stagg EKG Electric Kettle

Fellow Stagg EKG Electric Gooseneck Kettle

容量 0.9リットル
素材 ステンレス
大きさ 6.75 x 11.5 x 8 inches

先細りのボディデザインや洗練されたマットカラーリング、エレガントなグースネックの注ぎ口がとても魅力的な商品です。人間工学に基づいたデザインは、お湯を入れやすくなっており、流量は繊細にコントロールすることができます。そのため、ダイレクトにコーヒードリップにお湯を入れることも可能です。

ダイヤルを回すだけで、約57度(135F)から約100度(212F)の範囲で加熱でき、さらに内蔵タイマーがあるのでお茶などの抽出時間をはかることができ、時間と温度を設定することが可能です。

デザイン、温度設定などはとても魅力的ではありますが、希望温度に達してもアラーム音は鳴りませんが、その後1時間は保温してくれるため、焦ることもないでしょう。
しかし沸騰するのが遅い傾向があります。

Hamilton Beach 40880

Hamilton Beach Electric Tea Kettle, Water Boiler & Heater

容量 1.7リットル
素材 ステンレス
大きさ 6.2 x 9.24 x 8.78 inches

お手頃価格でいて、水が沸くのがとても早い商品がこちらです。
お手頃価格な分、温度設定はなく、オンオフスイッチのみ。また沸騰後のお知らせ音はなく、スイッチが切れます。
しかし、ステンレス製で、お水の量が見えるシースルー充填メーターや、コードレスボディーにより注いだり水を入れるのが簡単などといったポイントはちゃんと備わっています。
なにより、お湯が沸くのがとても早いです。
シンプルな性能で低価格なアイテムです。

OXO Brew Adjustable Temperature Electric Pour-Over Kettle

OXO Brew Adjustable Temperature Kettle

容量 2リットル
素材 ステンレス・ガラス
大きさ 8 x 8 x 12.5 inches

温度設定が40-100度の範囲で1度刻みで調整できる商品です。
また設定温度に到達した時にはビープ音が鳴り、最大30分間、温度を保持した後、自動的に電気が切れます。またタイマーが内蔵されているので、注ぎ足しの各段階を調整することも可能です。

デザインはステンレスと耐熱ガラスの融合デザイン。蓋はシリコン製のグリップがついており、蓋を外す時にやけどをしないように配慮されています。

沸騰までのスピードも速く、高性能な商品と言えましょう。
しかし少し重めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました