アメリカの定番$1ショップ ダラーツリーって?おすすめ商品も紹介

スポンサーリンク

日本のダイソー、キャンドゥーなどなど100円ショップって生活になくてはならないお店ですよね。

そんな中、アメリカで生活することになった場合”100円ショップってアメリカにあるの?”と思うこともあるでしょう。

答えは100円ショップ、あるよ。です。
でも日本のお店とちょっと違う特徴や注意ポイントがあるので、今回紹介します。

$1ショップ

日本の100円ショップの代わりとして、アメリカには「$1ショップ」があります。
しかし個人経営っぽいチェーン店ではないお店と、Dollar treeといったチェーン店のものがあります。

チェーン店ではないお店は、金物屋さんというか雑貨屋さんのような雰囲気で、なんだかごちゃごちゃといろいろなものが売っていて、価格も$1のものだけじゃない、謎のお店になっていることがよくあります。

そういうお店はまず価格が全て$1ではないので価格をみながら商品の良しあしをチェックしなくてはいけません。
そして、どちらかというと、製品の質が悪い場合が多い(壊れやすい)ので、自分の目利きをしながら、購入を決めてください。

チェーン店の Dollar tree

一方でチェーン店のDollar Treeは、すべてが$1です。

製品の質は、ダイソーレベルのものもあったり、なかったり。
しかし普通のスーパーで売っているようなメーカー商品が$1であったり、サイズを小さくして売っていたりするので、試しに、小さいサイズでいいね、と買いやすくもあります。

Dollar Treeに行ってみた

ダラーツリー、お店に入るとすぐの場所には、”季節もの”商品が売っています。

今の時期だと、ハローウイン、秋の飾り、クリスマスグッズのものが並んでいます。
※アメリカではクリスマスグッズはハローウインと同時期に販売スタートです。

バレンタイン、夏の遊び道具なども時期によってありますよ。

こういったものはお手軽に買えて便利ですね。
この飾りが$1なんだ!と驚くことも多いです。

お次は、誕生日系グッズ
紙袋、リボンなどたくさん売られています。
またパーティー用の紙コップや紙ナフキンなども売っています。
もちろん高級なお店の商品のほうが質がいいのですが、使い捨てするものだし、それほどひどいわけでもないので、誕生日パーティーなどをするときには$1ショップへ買い出しに行く人も多いですね。

また私はギフト用に紙袋などを家にストックするようにしています。

また大体、レジのそばにあるのですが、誕生日にマストアイテムの”風船”も$1ショップで購入する人が多いです。
レジで風船くださいといえば、ガスを入れてくれます。
風船$1は安いと思うので、幾つか購入して迫力のある誕生日の演出も可能です!

またカード文化のアメリカらしく、カードコーナーは充実しています。
こちらも行くたびに直近のイベントを考えながら、数枚カードを買うことが多いです。

キッチン・生活用品も充実しています。
洗剤なども売っていますが、香りが強い商品が多かったりしますし、もちろん植物由来系のものはあまり売っていませんので、手が荒れやすい人は買わないほうがいいと思います。

キッチン用品は物によっては買いですかね。
プラスティックっぽいものはすぐに折れる、と思ったほうがいいかもしれません。

ティッシュボックスとかは、安いこともあります。

冷凍食品、缶詰、パンなどいろいろな食品も売っています。
調味料は$1なら安いかも。
缶詰は大型スーパーのほうが安いです。

こういったブランドのアイスクリームもありますよ。

お菓子はキャンディー系が充実しています。
チップスは小さいサイズになっているので、全然お得ではありません。

薬や化粧品、歯ブラシといったケア商品もあります。
知らないメーカーのものはあまりお勧めしませんが、見た事があるメーカーのものなら買ってもいいんじゃない?と思います。
糸ようじは安い時が多いです。

妊娠検査薬なんてあるのがアメリカらしいですが、ちょっと検査結果って重要じゃない?!と、どうも$1で買う気がしません。

このほかに文房具、車用品、おもちゃ、電池などもありますが、鉛筆、消しゴムなどは日本製に劣ります。電池などはなんとなく買ったことがありません。

おもちゃは特に素敵なものはありませんが、こういった使い捨ての光るスティックはキャンプ用に買うことがよくあります。子供たちはこのグロースティック、盛り上がるんですよね。

とまあ、そこそこ便利なのがDollar Treeかと思います。

ただ、ダラーツリーあるあるとして

①在庫がすぐに入らない、補充が間に合っていない

②いろんな人がいろんなものを勝手に置いていく

ということで、なぜこれがここに?!ということも多いですが、ご了承ください。
いつ行ってもそんな感じなので、仕方ありません。
ただ結構おもしろいので、近所にDollar Treeがあれば、一度、立ち寄ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました