アメリカで衣替えをするにはどうする?防虫剤のおすすめは?

アメリカで衣替えをするにはどうする?防虫剤のおすすめは?

さて、夏休みも終わりましたね。
わーい、息子が学校に行きましたよ~!と、お悦びのお母さんたち、きっと私だけではないでしょう。

さて、そろそろ秋物に衣替えでもしようかな~と、久しぶりに息子のいない静かな家でガサゴソとクローゼットをあさっています。。

そこで今回は「アメリカで衣替えするにはどうする?防虫剤のおすすめは?」を紹介します。
すっきりさせましょう~

アメリカではいつ衣替えするの?

正直言って、日本のように季節の変わり目に”衣替えしました?急いでやらなきゃ~”みたいに会話で”衣替え”なんてワードは入ってきません。
衣替え、って習慣が多分ないんだと思います。
というのも

①クローゼットにかけて収納することが多いので、いちいち”しまう”という感覚がない。
②地域によっては、気候が年中さほど変化がなく、1年を通して服に大差がない。
③っていうか、気候に変化があったとしても、夏にセーター着てる人とか、冬にサンダルの人とかいる。つまり、服の変化は気にならない。

からかなあ?
一方で、アメリカでは、服の変化よりも、ホリデーごとの部屋の飾り付けとかにはすごく敏感だと思います。

おすすめ防虫剤

というわけで、衣替えに必須の”防虫剤”は、アメリカでは、日本のようにたくさん種類があって、進化しているわけではありません。

Old Fashioned Moth Balls

英語で防虫剤のことを”Moth Ball”というので、検索すればたくさん商品が出てきます。
しかし、昔のおばあちゃん家のタンスのにおいみたいな、とっても昔っぽい匂いの強い商品が多いです。

一方アメリカでは、衣類の虫よけとして、Cedar(杉)の木片を使う人が多いようです。
杉は、臭気を取り、湿気を吸収するのでカビを防止し、防虫効果もある天然の防虫剤です。
化学薬品臭さもなく、天然の杉の良い香りがします。

Cedar Rings for Hangers

シダーはチップが袋入りになっていたり、この写真のようにハンガーに通せるようになっていたり、といろいろな形で販売されていますが、タンスやコンテナに入れることもでき、ハンガーにかけて使うこともできるタイプだと、使い勝手が良いと思います。
少し匂いが落ちてきたな、、と思ったら、木片を少し紙やすりで削ると香りが復活するので、薄いチップよりは、写真のような木片タイプのほうが、長く使えるかもしれません。

airBOSS Closet Dehumidifier (Pack of 6)

また、クローゼットの湿気が気になる場合には、こういった除湿剤を置くとよいでしょう。

いらない服の処分は?

さて、衣替えをして、あー、この服もうサイズアウトして着れないや、とか古くなったな、といった服を見つけたら、どうやって処分すればいいでしょうか?

もちろんごみ袋に入れて、ぽいっ!でも可能ですが、まだ着れそうな服などはリサイクルしませんか?

お住まいの市町村にもよりますが、私の住むところでは、写真のようなリサイクルボックスが、公園やスーパーマーケットの駐車場に置かれているので、衣服や靴はここに入れればリサイクル完了です。

また、”これ、まだまだ着れそう!”というものがあれば、Goodwillなどに寄付するのもよいでしょう。
Goodwillは非営利団体で、寄付されたものはクリーニングされた後、お店で販売され、その売り上げにより、職業訓練などが行われます。

さて、処分する服を入れた袋も大きくなってきたので、Goodwillにでも寄付に行こうかと思います!