アメリカでおすすめの人気洗濯用洗剤 ベスト7

アメリカでおすすめの人気洗濯用洗剤 ベスト7

今回は「アメリカでおすすめの人気 洗濯用洗剤 ベスト7」紹介します。

アメリカで生活を始めてから、落ち着くまでにとにかくいろいろ試した商品の一つが、これ。洗濯用洗剤

細かな英語が何をPRしているかさっぱりわからず、手当たり次第に買っていました(読むの嫌い~~!)。
香りも日本の商品と異なるので、使ってみてから、すごいなあ、、、この香り!と驚くことも。
結局は私は無香料に落ち着いていますが。

皆さん、頻繁に使う洗濯用洗剤だからこそ、銘柄が落ち着くまでに時間がかかるものだと思いますので、少しでもお役に立てればうれしいです。ぜひ参考にしてくださいね。

今回は、Amazonでの売り上げをベースに人気の商品を紹介していきます。

★ちなみに、洗濯洗剤と同時に使う漂白剤は、オキシクリーンを使用しています。
こちら(家じゅうピカピカにしてくれる万能洗剤「オキシクリーン」使い方いろいろ)

もあわせて御覧ください。

★アメリカでキッチンハイター漂白剤と言えばCLOROX クロロックス もおすすめ。

① Tide


Tide Original Scent HE Turbo Clean Liquid Laundry Detergent

1946年に米国で生まれたP&G社のロングセラー商品で、オレンジ色のパッケージが目印です。
洗浄力から言うとTideが一番人気
この商品の香りは強めで、服を着てもしっかりと香りますが、逆にこの香りに慣れてくると「この香りがないと嫌」と言う人もいるかも。
このオレンジボトルの液体商品は、アメリカでの液体洗剤市場で30%以上を占める一番売り上げがある製品です。
アマゾンでもLiquid Laundry Detergent部門でいつも1位か2位の、大人気商品。
まあ、定番中の定番商品ですね。


Tide PODS Plus Febreze Sport Odor Defense Laundry Pacs
さらには、最近主流になりつつある、液体がパックに入ったタイプ(PODタイプ)も人気です。
2012年以来、このようなPODタイプの洗剤では、Tideが15%ものシェアーを占めています。


ボトルの中にはこのように洗剤1回分がパックに入ったものが入っていて、その1パックをぽんっと洗濯機に入れれば良いので、手も汚れずに便利です。
パックの色合いがかわいいのも惹かれます。
しかし、なんだかおいしそうにも見えるからか、子供の誤飲が多いようで注意喚起がよくされていますので、絶対に子供の手が届かないところに置いてください。

また、一方で、Tideの強いにおいが苦手な人もいます。


Tide Free and Gentle High Efficiency Liquid Laundry Detergent

そんな方には、Tide Free and Gentle がお薦め。
これは無香料で、無染料。敏感肌の方でも安心な商品です。
香料付きが苦手な方や、柔軟剤などの香りを重視したい方にもおすすめです。

Tide + Coldwater Clean Detergent Fresh Scent
また、こちらのColdwater Cleanは、Cold Waterでの洗濯下でもしっかりと汚れが落ちるように作られた商品です。
ご自宅でこちらを使うことで、洗濯時の電気代を抑えることができます。


Tide To Go Instant Stain Remover Liquid Pen
そして、Tide To Goは、外出先でシミが付いたときに使えるさっと使えるシミ取り。
ペンタイプでスリム、携帯しやすいサイズなので、いつでもポーチや鞄に入れて持ち運べます。
いざというときに、あると便利な商品です(意外とちゃんと持ち歩いている人が多いですよ!)。

② Dreft


Dreft Stage 1: Newborn Hypoallergenic Liquid Baby Laundry Detergent (HE)
赤ちゃんの洗剤といえば”Dreft”が定番!

Dreftは、1933年からP&Gで売られている赤ちゃん向け洗濯用洗剤。
Stage1は新生児の肌にケアした商品、 Stage2は、食べ物やいろいろなものでたくさん汚れるベイビー向け。
私の場合は、子供が産まれた当初、Stage1を使って子供の服やタオルなど全般を洗っていましたが、子供が特に敏感肌でもなさそうだったので、洗剤1ボトル使ったら、普通の大人と同じ洗剤に変えました。

③ Seventh Generation

Seventh Generation Natural Laundry Detergent Free and Clear Unscented

Seventh generationは、1988年より人の健康と環境を考えて商品を作る会社で、食器洗剤、掃除用洗剤などを販売しています。
名称にもついていますが、7世代先の環境などを考慮し、パッケージはリサイクル可能もしくはリサイクルした材料を使用し、植物由来の成分や、環境に影響しない成分を用いた商品を作ることで、身体にも地球にも優しい製品を提供しています。

この洗濯用洗剤は、香料・染料・人工蛍光剤を使用せず、植物由来の酵素で汚れを落とします。低刺激のため肌にも優しい製品です。
スーパーでもよく見かける一般的な商品で、オーガニックブランドだから汚れ落ちが悪い、ということもないので安心してください。

④ Arm &Hammer


Arm & Hammer Laundry Detergent Plus OxiClean, Fresh Scent

Arm&Hammerは、今からおよそ150年前からある、もともとベーキングソーダなどに特化していた会社でしたが、1970年代から歯磨き、洗剤など消臭効果としてベーキングソーダを使用することで様々な生活用品を提供し、アメリカでも広く長く知られているブランドです。
価格帯が比較的安めなのも、人気の理由でもあります。

その中でも、洗濯用洗剤では、オキシクリーンとコラボした商品が人気で、汚れ落ちが良い!といったレビューが多いです。

しかし、ベーキングソーダと聞くと、環境にも配慮した商品だな、、、と思いますが、洗剤にはベーキングソーダのほかにも界面活性剤や酵素(特に植物由来、などというわけではない)が含まれており、普通の洗剤ですので、環境に考慮した商品を希望される場合には、Seventh Generationなどのオーガニックブランドを使用してください。

⑤ all


all Liquid Laundry Detergent, Free Clear for Sensitive Skin

汚れも良く落ち、比較的良心的な価格から、人気のallシリーズ

中でも白いボトルのFree &Clearシリーズは、Tideなどの洗剤よりも酵素を抑えており、無香料、肌に優しい製品なので、赤ちゃんや敏感肌の人にもおすすめです。


all Liquid Laundry Detergent with OXI Stain Removers and Whiteners, Free Clear
酵素を抑えているので、ひつこい油シミを取るときにはTideほど汚れが落ちません。
そんなときには、オキシクリーンが加わった上の写真のようなオレンジキャップ商品を使うとよいでしょう。

⑥ Gain


Gain HEC Original Liquid Laundry Detergent
とにかく香りにハマる人が多いGainの洗剤
お手頃価格なのもうれしい商品です。

しかし、油汚れ、および油分を含んだ染料の汚れ落ちにはパワー不足の傾向あり。
でも、それでも、この香りにハマると、買っちゃうんですよね。

⑦ Charlie’s Soap


Charlie’s Soap – Fragrance Free Laundry Powder – 100 Loads (1 Pack)
なんと、AmazonのPowder Laundry Detergent部門で1位の商品
ん?スーパーでも見たことないような。。。

調べてみるとーー

「チャーリーズソープ」は、ノースキャロライナ州のサザーランド社が1976年に開発した洗剤です。
植物、および鉱物由来成分からできているので、とても地球にも優しく、もちろん赤ちゃんや肌の弱い方にも安心して使える商品です。
さらには、100ロード分で約$17(Amazon、2017.10現在)で、とってもお得!
アメリカ国内をはじめ、カナダ、ヨーロッパなど世界30以上の国と地域で広く愛用されているそうです。

★追記2018.1/11
このチャーリーズソープを試してみました。
Charlie's Soap - Eco Friendly Laundry Packets - 30 count

Charlie’s Soap – Eco Friendly Laundry Packets – 30 count 

最初だったこともあり、小さめサイズの30countを購入。

このサイズは、1回使用分ごとにパックに入っていました。
自宅じゃないところでランドリーを使う時には、持ち運びやすいこのパックが便利ですね。

で、使ったところ、パウダーの衣料洗剤ですが、溶け残りもなく、しかもしっかりと白くなっていたので、汚れ落ちも強いと思います。
かといって、タオルなどゴワゴワしていないですし、肌の感じも良いので、品質OKです。
香りは無臭です。

私は今持っている洗剤を使い終わったら、これに変更しようと思っています。

柔軟剤について

柔軟剤はSoftenerと言います。

Downy April Fresh Liquid Fabric Conditioner (Fabric Softener)

日本のような液体柔軟剤はでは、Downyが人気です。
この香りが好き、という人が多いです。

Bounce Fabric Softener and Dryer Sheets, Outdoor Fresh, 240 Count

しかし、アメリカで主流の柔軟剤は、液体ではなくて、シートタイプが人気です。
乾燥機で洗濯ものを乾燥させるときに、このシートを一緒に入れることで、衣類をふわふわにします。

Wool Dryer Balls by Smart Sheep 6-Pack, XL Premium Reusable Natural Fabric Softener

毎回シートを使い捨てするのは、、、と思う方や、自然なものが好きな方はこちらがおすすめです。
このボールを乾燥機に入れると柔軟剤の代わりになるそうで、このボールは1000回以上効果が持続します。大体2-4年だそう。
ニュージーランドのプレミアムウール100%からできたボールです。