家じゅうピカピカにしてくれる万能洗剤「オキシクリーン」使い方いろいろ

家じゅうピカピカにしてくれる万能洗剤「オキシクリーン」使い方いろいろ

実は3年ほど前。

その時に住んでいたアパートは、各フロアーに共同のランドリーがあるタイプのところで。
洗濯をしに行ったら、おばちゃんが、オキシクリーンと普通の洗剤をダブルで使っていたので、「その使っているオキシクリーンってなに?」って聞いたところ、「むちゃくちゃきれいになる漂白剤だよ。どこのスーパーでも売ってるわ、あなたも使いなさいよ~!」と言われました。

そして、ちょうど1年ほど前に、その時の出来事をなぜか突然思い出し、今更スーパーに買いに行き、オキシクリーンを漂白剤として使い始めました。

それまでは別の漂白剤を使っていたのですが、とにかくオキシクリーンのほうが使いやすく、今では、我が家で漂白剤の定番となっています。

そして、先日。
これも今更ですが、オキシクリーンがイロイロな掃除に使えることを知り、試したところ、もー、楽しいぐらいにピカピカ~!
楽しすぎて、目についた、「あれ?最近掃除してないや」、というものをどんどんオキシクリーン漬けして楽しんでいます。

さて、いろいろ試した私ですが、はっきりと言います。
「オキシクリーン、すごいぞーー~~!」

というわけで、今回は、最近はまっている「オキシクリーンのすごさ」を紹介しようと思います。
ぜひ今度、試しに買ってみてください。本当におすすめです。

★なお、アメリカでおすすめの人気洗濯用洗剤、ベスト7まとめもよかったら御覧ください。

オキシクリーン(OXICLEAN)とは

OxiClean Versatile Stain Remover, 5 Lbs

液体なども販売されていますが、ベーシックなのがこの「箱型オキシクリーン」。容量によってはこの形がいろいろあります。

こちらは当初、アメリカのテレビショッピングから販売をはじめ、”ミラクルクレンザー”として大人気となり、今やオキシクリーンとしてどこのスーパーでも売っている定番商品となりました。

中は、青い小さいつぶ粒が入った白いパウダーです。

酸素系漂白剤がベースの製品なので、酵素のパワーで汚れを浮き出し、洗浄します。
一方で、一般的な塩素系漂白剤は、すべての色素を漂白してしまい、酵素とは異なります。

オキシクリーンの良いところ

①漂白剤特有の匂いがしない

オキシクリーンは、塩素系漂白剤ではなく、酵素系漂白剤
なので、あの嫌な塩素のにおいがまったくしません。ほぼ無臭です。

私はよく漂白剤で衣服をつけ置きするのですが、以前なら、洗面所とつけ置きをするお風呂場が同じ場所なので、子供に塩素の匂いをかがせないように、子供が寝た後に行っていました。
でもオキシクリーンはにおわないので、子供が洗面所を使う時間につけ置きしてもok!(もちろん、触らせてはだめですよ)とても気楽に使えます。

②悲惨な漂白にならない

何度も言いますが、オキシクリーンは「汚れだけを浮かせて、汚れを取ります」、一方、塩素系は「色全体を漂白します」。

塩素系漂白剤は、真っ白なシャツには良いですが、柄のある服や色物の服にしみには使えませんよね。
全体が漂白されてしまって、色が抜け、、、、と悲惨な状況になるでしょう。

しかしオキシクリーンは、汚れだけを浮かせるので、白い服はもちろんのこと、柄物や色物の服にも使えるのです。
オキシクリーンは、特に「汗ジミ、黄ばみ、泥汚れ血液、調味料の汚れ」に効果的です。

③洋服だけじゃなく、キッチン用品、お風呂場などでも使える!

なんと、オキシクリーンは、洋服の汚れ落としだけでなく、キッチン用品、お風呂場の汚れなどにも使えます!
1箱で何役にもなるので、とても助かっています!

④匂いも消える!

オキシクリーンは酸素の泡で繊維の隅々まで汚れを洗浄するので、ニオイの原因も無くなります。
泥水などで汚れて匂う靴などを洗うと、臭いにおいが消えますよ!

基本的な使い方

40~60度の熱いお湯でオキシクリーンを溶かし、服などを20分以上の浸け置き(6時間程度で酵素の効果はなくなります)してください。
少しして、泡が発生し始めたら、酵素が効いている証拠。その後、通常の洗濯、キッチン用品などは洗い流して終了です。

ちなみに、手に付くとぬるぬるします。洗剤なので、しっかりと手を洗ってください。手が弱い人は、グローブを使ってくださいね。

私がよく行う方法

①洋服つけ置き

分量:4リットルの水量に対し、1~2オンス
使用:夜、バケツに熱いお湯とオキシクリーン、と一緒に汚れが気になる服を入れつけ置き。翌朝、服を絞って、洗濯機で通常通り洗濯します。

これで、子供が汚した服や、ふきんタオルなどがきれいになります。鼻血などの血液の汚れもきれいになります。
もつけ置きをすると、汚れだけでなく匂いもなくなるので、とっても気持ちがいいです。ただし、靴はなんだか色落ちが心配なので、オキシクリーンの量をかなり減らしています。

なお、最近の成果はこちら。

息子のTシャツ。
なぞの赤い塊がしみに。粘土かなあ?そして、袖口がしっかり汚れてる。(何をして遊んだんだ?)
シャツはかなり薄いベージュ。

これが、ほら。
きれーになったでしょ!!Tシャツもちゃんと薄いベージュ。色が抜けたりしていませんよ!

②キッチン用品

容量:4リットルの水量に対し、カップ1杯
使用:鍋の中に入れる、もしくは洗い桶内で1時間以上浸け置き。

特に、鍋の焦げ付き・汚れが最高にきれいになります!
シンクやバケツに鍋とともにつけ置きすると楽ですよ。

さて、ちょうど、料理中に何かのたれを鍋で作っていたら、見事にほかの事をしていて焦がしてしまいました。(あー、焦げ臭かった)。何度かこすって洗ってみましたが、しっかりとした焦げは取れず。。。

でも、つけ置きすると、、ぴかーっ!
しっかりとれましたね。よかった~~。

つけ置きして、こすると、焦げは、こんな風にむけるんです!全然力はいらないですよ。

焦げが取れなかった箇所もありますが、それでも断然きれいです。あー、とってもうれしい。

そして、同じようにガスコンロの五徳やら、お玉やら茶渋やコーヒーの汚れがついたカップ類など、気になるものをどんどんつけ置きして、ピカピカにしています!
水筒などは匂いも取れて、すっきりです。

この方法はとても簡単で、ゴシゴシ力を思いっきり入れてこする苦労もないので、これから大掃除はオキシクリーンでつけることにします。
※金属によっては変色するので注意。塗装された金属、テフロン等は剥げるようなので、やめましょう。

③エアコンフィルターなど

容量:4リットルの水量に対し、2オンス~カップ1杯
使用:浴槽でつけ置きをします。1-2時間程度置いたら、ブラシで擦り洗いし水で流します。

エアコンフィルターなどは、簡単にきれいになります。
真っ白になっていて、びっくりしました。
ちなみに、浴槽でつけ置きすると、浴槽もピカピカになるので、最高です。

ほかの使い方

・トイレタンク・便器の洗浄
・ベランダや玄関床の洗浄
にも使えるようです。

※ウール、シルク、革、ドライクリーニング衣料、宝石、ラテックス塗料、かご製品、塗装のない木細工品、ジュート、チーク材、仕上げ加工された木工品には使えません。

※衣服や鍋等は、初めてオキシクリーンを使う場合には、かならず目立たない場所でテストしてくださいね。